〜 あだたら日記 〜

2004年6月26日〜27日(1泊2日)

私の所属する会社のサークル「頚温(軽音)楽部」の合宿です!

 やってきました梅雨合宿。参加者は減りに減って3名!ロックンロールの最小バンド編成人数での強行!いったいどーなったんだろう・・・・。興味津々・・・・っと。
 参加者:Rocky、利ちゃん、クロフネ。以上。(原材料、コーヒー。以上。みたいな)

1日目その1へ
1日目その2へ
1日目その3へ
2日目へ
新たに生まれた曲たち

たび日記へ戻る



〜1日目(6月26日)〜

その1
 さて、10時に上野をレンタカーで出発。やはり、3人でステップワゴンは広い!まあ、ゆっくりくつろげるからいいや・・ということで、東北道の二本松ICを目指してGO!GO!
 途中、自衛隊宇都宮駐屯地のツーリング状態に出くわす。いったい何サマーワ!(このフレーズが新曲への足がかりとなっていった・・・)

 梅雨だというのに、何だか良い天気。暑い。最近の天気はおかしいぞ!と思いながらも二本松に到着。途中のSAで、先に秘湯へ行こうということになったので、宿の横を素通りして、秘湯へ・・・。

 「ん・・秘湯?」と思ったあなた。説明しよう。合宿実施にあたり、利ちゃんから、宿周辺の秘湯調査指令がくだされていたのだ。「しょーがないなあ」とか思いつつ、温泉好きな私はせっせとネットで情報を収集。で、決めたのが目指す秘湯「新野地温泉」なのだ!


↑外見はこーゆー感じ。
 途中少し道に迷いながら、2時半頃、新野地温泉「相模屋旅館」に到着。途中の道に案内看板などなく、霧も出てきた天気と相まって、「いかにも秘湯」といった雰囲気をかもし出している。

 露天風呂へ入るには、旅館の裏へ出て、木で組まれた小道を降りて行く。周りは深い緑に包まれており、源泉の湯煙がすぐ間近で噴出している。ますます「いかにも秘湯」だ。

↑源泉がしゅわああああっつ!。

↑深ーーい山奥の風景。

 湯は白濁としており、これまた「いかにも」。3人で浸かりながら、「征服感」を味わう。
 風呂だけの利用が3時までだったためにゆっくりできなかったのが残念だが、なかなか良かった。

↑たまたま写ってしまったお兄さん。

 この旅館のある道沿いには温泉が点在しており、ちょっとした「秘湯村」のよう。次回また攻めてみよう。
 なお、風呂から上がった後帰り道を間違え、危うく女風呂に突入しそうになったロッキーと私・・・。
 利ちゃんは、「相模屋」という宿の名前から、「神奈川出身のやつがやってるに違いない」と繰り返し言っていた・・。

このページの先頭へもどる


1日目 その2

 さて、宿に3時45分頃到着。 申し遅れましたが、わが軽音愛用のスタジオ付ペンション「イノセント・エイジ」です。 なぜか山羊とか飼ってますが、24時間スタジオ使い放題、1泊2食で6900円!(税別)今回で3回目です。近くに名湯「岳温泉」もあり、なかなか良いのです、これが。オーナーの人柄も。


↑これが宿の外観。さわやかな高原にあります。

↑宿の裏手。この奥に下っていくと沢があるのよ。


↑ピルスナー、レッドエール、
ヴァイツエン、デュンケルの全4種類です。
 秘湯からの帰り、酒屋で酒、つまみ類を購入。「福島路ビール」で乾杯! 6時の夕食まで、部屋でまったりと過ごす。利ちゃんは、私の持ってきたCDに非常に影響を受け、自分の曲のイメージを膨らましていく。

 私のCDは、ZZTOP(以下「ZZ」)とアトランタ・リズム・セクション(以下「ARS」)というサザン・ロックで、利ちゃんは、まずARSのバラードにはまり、「心の扉」というオリジナルのコンセプトを構築。タイトルは普通だが、いわゆる利ちゃん系憂歌団的こてこてブルース。 魂の叫びだああ!ここから、予想通り、一気にブルージーな世界へ・・・。

↑ここでレコーディングができる。

 自衛隊と遭遇したときの「何サマーワ」をコンセプトに、利ちゃんは、すでに詞を完成させていた。(仮称)アーミーブルース。(よく考えると、そのまんま!って、考えなくてもそのまんま。)
 そして、「何サマーワ」をコンセプトにしたもう1曲のオリジナルが、「夜のない場所」。これは、本当はイラクに行きたくない自衛隊員の歌である。詞は一応私が考えた。

このページの先頭へもどる


〜1日目 その3〜

 と、夕食の時間。メインメニューはずばり「肉」。(ここの食事は洋食なのです。ペンションだから当たり前だ!)
 去年もそうだったが、昼食を軽くしてみた今回も、やはり年老いた3人にはヘビーだった。
 昼食後、3人はあえなく昼(夕)寝・・・・。 

↑食事はここだよ。
野郎3人はあまりにもふさわしくない・・。


↑スタジオ入り口よーん
 目覚めたのは21時35分頃。朝じゃなくてよかった・・・・。 おもむろにスタジオへ

 先ほどのオリジナルのアイデアを3人で詰めていく。ドラム、ギター、ボーカルという3人編成だが、作業は意外に順調。1段落して明日まで熟成させよう、ということで、0時過ぎに終了。お疲れ様・・・・。 その後宴に突入し、就寝は3時過ぎ・・。(去年とおんなじやんけ)

↑今回はCスタ。ブルース臭が充満・・。

このページの先頭へもどる


〜2日目(6月27日)〜

 朝・・・・・。ねむ・・・・・・・。
 もうろうとした状態で朝食。「いしがき日記」を読んでいただけるとわかるが、私は和食党。朝食は納豆と卵と味噌汁でなければならない。
 が・・・。ここはペンション。当然パンである。スープをすすり、パンを食べる。何とか復活!

 一休みしてスタジオへ。昨日出来上がって、熟成させようということになった新曲3曲を再度PLAYし、MDに録音する。できた・・。


↑宿の前。
きれーにお花が咲いとりましたぞ。
 参加者3人になったときは、何の成果もあがらないのでは、と思っていたが。
 やはり創設者たちの音楽への熱い思いは、曲を生み出さずにはいられなかったのだ!
 大御所2人と秘湯と安達太良の自然に感謝、感謝!

 さて、11時頃宿をチェックアウトし、近くの「宝龍荘」で温泉に入る。
 露天風呂があったのだが、熱すぎ!とても入れん!
 地元のじいさんっぽい人が1人で悠々と浸かっていたが・・・・。(ここの写真撮るの忘れた)

 風呂を出て、昼食会場へ。これまた近くの「多夢炉」という蕎麦屋に入った。
 全員「大もり」を頼み、これでもかというくらいそば湯を飲み、元気回復!オーイェー!(ぞのっち風に)

 安達太良を後にした私たち・・。途中のSAで利ちゃんが、きみまろのCDを買い、車中は爆笑の渦に・・。やっぱ、この人すごいわ。

 帰京後、いつものとおり反省会at「串八珍」・・・・。こうして濃密な1泊2日は終わった・・。
 お疲れでした。

このページの先頭へもどる


新曲1「仮称アーミーブルース(おれは何サマーワ)」
コンセプト:利ちゃん、作詞:利ちゃん(クロフネ添削)、作曲:クロフネ、編曲:Rocky

砂漠のアンチテーゼ
血の匂いがするぜ
俺はCRAZY,SO,CRAZY
何すっかわからねーぜ

※おれは何サマーワ
カーキを身にまとい
おれは何サマーワ
風ん中へ飛び込んでいく

水と緑のMY HOMETOWN
平和 維持 SO EASY
かたやテッポぶら下げ
狙うはテロリスト、テロリスト

※REPEAT

新曲2「夜のない場所(本当はイラクへ行きたくない自衛隊員の歌)」
コンセプト:利ちゃん、作詞・作曲:クロフネ、編曲:Rocky

テントの外では弾が飛び交う
風と批判と陽射しをよけてる
彼女は少し遠くを見ながら
見知らぬ光に思いを馳せてる

涼しげな顔の軍服オヤジのコメント
危なげなニュース今日も流れる
狭い狭いこの地球の一部で
日に日に愛が剥奪されてる

これからそんな所へ行くのさ
夜のない所へ行くのさ

(1番のみ)

新曲3「心の扉(利ちゃん魂の叫び)」
コンセプト:利ちゃん、作詞・作曲:利ちゃん、編曲:Rocky

※歌詞は、利ちゃんに聞いてね。


↑創設者たち

このページの先頭へもどる

たび日記へもどる

inserted by FC2 system