〜 なす日記 〜

2004年6月5日〜6日(1泊2日)

クロフネ家初のキャンプ実施!

 場所は、ネットで探して「メープル那須高原キャンプグランド」に決定。理由は、設備が整っていて初心者にやさしいから。テントやテーブル等、必要最低限と思われるものを事前に用意し、後は現地でレンタルということに。

1日目その1へ
1日目その2へ
2日目へ

たび日記へ戻る



〜1日目(6月5日)〜

その1
 晴れ。超いい天気っ!最高のキャンプ日和。10時頃自宅を出発。体調もよく東北道も空いており、順調そのもの。上河内SAで1度休憩をとり、現地へ13:00頃到着。
 管理棟へ行くと、人の良さそーなご主人登場。キャンプ初心者であることは、HPの掲示板ですでに伝えてあり、必要なら手伝っていただけるとのこと。ご好意に甘えて、あとでタープを借りるときにお願いすることに。
 客は少なく、ガラガラ。サイトは好きなところを選んでください、とのこと。初心者なので、管理棟の近くがいいと思いますよ、というご主人の言葉どおり、キッチン棟も近いサイトに決定。

 とりあえず、私はテントをおったて、妻が食事の準備を。昼食は上河内SAで急遽買った手打ちうどんと冷奴。あー腹減った。いただきまあす。

↑昼食一覧。


↑こんなんできました。タープの後ろにテントが。
 昼食後一息ついて、私はタープを借りに管理棟へ。1050円也。そして、ご主人に手伝ってもらい、なんとか設営終了。お忙しいのにどーもすいません(^_^;

 この間、妻とK作は、場内にあるメープル池の近辺をお散歩。メープル池は、深さ30センチくらいで、夏は水遊び場になるらしい。木の舟が一艘置いてあり、他の客が子どもを乗せて漕いでいた(後で当然のごとく乗った)。そこへ私が行き妻と交代。

↑池で舟漕ぐ。


↑結構いい感じの"沢"
 池に注ぐ川というか、沢を探検することに。2人が沢の淵に一歩足を踏み入れたとたん、ガサガサ、ピョンピョン!と何か生き物が飛んでいった!カエルだ。歩くたびに至る所からでてきた。沢をのぞいてみると、水は澄んでいてとてもきれい。触ってみると「きゃっ!つめたいいい。」(K作談)

 たくさんの木に囲まれたキャンプ場はとても気持ちがいい。陽射しは強いが湿度は低く、空気がとてもおいしい。いながらにしてまさに森林浴。ときおりやたらでかい蟻が出てくるが、それも当然か。石垣島へいったときもそうだが、こういうところでも、何もせずにぼーっとしていたい欲求に駆られる。季節も今ごろが一番いいようだ。
 久しぶりに木の匂いを嗅いだ気がした・・。

このページの先頭へもどる


1日目 その2

 やがて日が暮れだし、夕食の準備にとりかかる。
 メニューはバーベキュー。去年買って、1度水元公園で使って以来というバーベキューコンロの出番じゃ。炭もそのとき買ったものがたんまり残っていた。
 まずたれに漬け込んだ手羽元を網で焼いて食べてみる。うまい。こりゃうまい。続いて野菜と豚肉を次々に焼いて食べていく。またまたうまいね、こりゃ。
 ご飯も炊いてみた。ちょっと水が多かったようだが、それもご愛嬌。焼いた肉や野菜と一緒に食べれば、これもまたうまい、うまいとき、うますぎる(訳わからん)。これに酒が加われば立派な宴会の出来上がりっと・・。

↑手羽元の"づけ"焼き。旨かった・・。

↑左の一角が露天風呂だよ。最高。
右半分が管理棟。
 ストマックが満タンク状態となり、さて風呂の時間です。
 ここは管理棟の横に風呂があるのだ。しかも内風呂と露天風呂まで!いたれりつくせり状態なのよ。まさにビギナー向け!というか、家族向け!(特に小さい子どものいる家庭にお勧め)

 風呂を出れば、漆黒の闇。
 今回のキャンプ企画の理由の1つは、きれいな星空をK作に見せてやりたい、ということだった。見上げると、木々の隙間から見える星たち。ちょうど北斗七星が正面に見えた。ふと、北斗神拳2000年の歴史に思いをはせる・・。「無」から転じて「生」を拾う、それが究極奥義「無想転生」。うーむ・・・。って違うだろ!
 予想していたより場内の照明の数が多く、一面の星という訳ではなかったが、明らかに東京より見える数は多かった。K作もそれなりに感動してくれたようだ。

↑漆黒。暗い・・。

 10時を過ぎ、テントの中で就寝体制に入る。
 絵本を持ってきたので、いつもの儀式どおりK作に読み聞かせ、妻も一緒に、おやすみ・・・・。その後、ペットボトルに入れて持ってきた焼酎を飲みながら、この日記の原作を書いていた私。

このページの先頭へもどる


〜2日目(6月6日)〜

 朝、ふと目覚めて時計を見ると、4時だった。えっ・・。早っ!鳥たちの鳴き声が凄まじいのだ。うぐいすが、カッコウが、ホトトギスその他大勢が鳴きまくっている。さすがにもう1度寝てまた6時頃目がさめる。相変わらずの大合唱・・。それからしばらく、うだうだしながら、7時半頃テントから這い出た。妻とK作はすでに起きている。

 ちょっと2日酔い気味?で、妻が作ったホットドッグ(ウインナー、レタス、卵)にむしゃぶりつき、コーヒーをすすって、ようやく目覚めてきた。
 しかし、鳥の声で目覚めるというのは、日常生活から考えると、めちゃめちゃぜいたくに感じるねえ・・。人類の原点じゃのう・・・とかいうことをぼんやり考える。


↑ちょっとした公園
 朝食後、遊具で遊ぶ。場内にちょっとした遊具があって、これも家族にお勧めの理由の1つなのだ。

 テント、タープを撤収し、あっという間にチェックアウトの時間に。帰り際奥さんにHP用の写真を撮られる。載るのかなあ。奥さん曰く「梅雨前のこの時期が一番いいですよ」とのこと。また来年もこの時期に来ようかな。


おまけ。

 帰りに寄った銀河高原ビールの那須ビール園。ここは結構お勧め。ビールの試飲ができる。ここでK作はなぜか漬物(大根のビール漬けとか)を食いまくっていた。あと、チーズガーデン(確かこういう名前)。いろんなチーズが試食できる。どちらも団体さんがたくさん来ていた・・。


↑那須ビール園。車で行きたくねえ・・。
バイキングレストラン有り

このページの先頭へもどる

たび日記へもどる

inserted by FC2 system