〜3日目〜

 待望の陽の光!!さわやかな秋晴れとなった。朝食後、中島公園を散策(ジンギスカンの腹ごなし)。

 ここも、イチョウはじめ、木々の佇まい、池のある風景などなかなか趣がある。妻はこの公園をいたく気に入った様子である。
秋晴れの中島公園。右に見えるのがアーサーホテル。

すいてた。  本日のメインは円山動物園。地下鉄に乗り、円山公園の深い森を抜けて昼過ぎに動物園に到着。入園料は600円。平日の昼間で園内はガーラガラ。

 まずキリンや像、ライオン等のエリアが目に入る。トドの雄たけびはうるさいくらい。面白かったのはチンパンジー館。子供2頭が、親とじゃれあっている姿が、K作にそっくり。(見た目も似ている)
トドはずっと吠えていた。
    
 K作にとってのメインは昆虫館。ほかの動物を見ている間も「ねえええ、こんちゅうかんん!」と駄々こねっぱなし。念願かなって昆虫館へ。

 ここには、「ヘラクレスオオカブト」や、「ゴホンツノカブト」など、世界のカブトムシやクワガタがいる珍しいところ。K作は食い入るように見ていた。私も初めて見たので興味津々。


 やっぱりカブトムシは昆虫の王様だああ!
でか・・
こんな色のくわがた見たことねえ・・
えさに群がる。  最後に、たまたまいたボランティアのガイドさんに誘われ、リスザルハウスへ。リスザルがうじゃうじゃいた。以前、多摩動物園で餌やりを経験したが、お母さんにおんぶされた子供はちっちゃくてほんとにかわいい。目はビー玉のようにまんまる、一生懸命餌を食べようとする仕草などもほほえましい。

 動物園を堪能した後、再び地下鉄で街中へ。妻が来る前からチェックしていたものは、「スープカレー。」今、札幌でブレイク中だそうである。これは、水分の多いサラサラしたカレーではなく、まさにスープのカレーだという。そこで、我々は駅前通と狸小路の交差する付近にあった「S」(南3条西4丁目)という店へ入ることに。入るとスタッフはすべて若い女性で明るい雰囲気。カレーはスープとルウの2タイプから選べる。

 
 辛さは12段階あり、度合いが「22口径」、「マグナム」とか銃の名前で表されている。一番辛いのが「トマホーク」だったような。
 私と妻はチキンベジタブルのスープと生ビール、K作にはお子様セットを。コンソメ風のスープにスパイシーなカレーの風味・・といった感じ。まさにスープといった感じだ。チョイ辛のスープを飲み、ライスを口に含む。これを交互に繰り返す。なかなか旨い。また具のタンドリーチキンがいい味出してるう。確かにこれは、はまるかもしれんな・・と感じずにはいられなかった。
 「スープカレー」は、札幌から全国へと広まっていくのか?期待しよう。
清潔な感じの店内。

 ホテルに戻り、ビールを飲みながら「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」を見て、まったりと過ごす。その後、風呂に入ってK作が寝静まった頃、我々は思わずラーメン屋へと繰り出してしまった。
 今回行ったのは、「寶龍総本店」。すでに12時近くだったが、金曜ということもあり、店はそこそこ混んでいて相席となった。私は味噌、妻は塩を注文した。ここも味噌のほうが塩よりあっさりしていた。札幌の店はどうもこうした傾向があるようだ。寒い地域ということも影響しているのかも。我々が店を出たとき、すでに行列ができていた・・・。

4日目へ   前頁へ  たび日記へ戻る

inserted by FC2 system